パンダアップデートと比べると、最低限のルールを守っているかを取り締まるアルゴリズムです。

MENU

ペンギンアップデートの概要

 

悩む男性

 

SEO対策をする上では様々なロジックやアルゴリズムが存在しています。
その中でも、パンダアップデートに次いで知名度が高く、特に悪徳業者が脅威に感じているのが「ペンギンアップデート」です。

 

 

ペンギンアップデートとは

 

ペンギンアップデートは他のアルゴリズムと根本的な考えは同じでSEO目的で中身のないWEBサイトが検索上位に表示される事を防止して、閲覧者にとって有益なサイトを上位表示させる事です。

 

簡単に言えば、SEO対策を行っている業者が作ったサイトの中でも、特に悪質なサイトに標的を絞ったアルゴリズムです。

 

たとえば、キーワードを盛り込んだタイトルのWEBページだったけど、中身は他のサイトのリンクしか貼っていないようなサイトや、同様のキーワードで他のサイトで書かれている事を寄せ集めて真似しているだけなど、オリジナリティがなく、サイト訪問者が閲覧してがっかりするようなサイトの評価を下げています。

 

つまり、ペンギンアップデートだけを見れば、スパム対策を行っているサイトは高く評価されます。
パンダアップデートと比べると、WEBの質というよりかは最低限のルールをしっかり守っているかを取り締まりするアルゴリズムです。

 

 

ペンギンアップデートの影響を受ける業者は深刻

検索順位の下落やはっきりしたグーグルペナルティを受けた原因をペンギンアップデートだと特定する事は難しいです。

 

ペンギンアップデートは2012年4月に実用化されて、その後も定期的に情報のリフレッシュや大規模アップデートを繰り返しています。
今後も継続してアップデートを行っていく事が予想されます。

 

ペンギンアップデートの影響を受けた事を想定する事は簡単ですが、ペンギンアップデートは深刻な規約違反を取り締まるサイトのため、ペンギンアップデートにひっかかる可能性があるサイトは、他の様々なアルゴリズムにもひっかかる可能性が高いです。
そのため、ペンギンアップデートの対策だけを取っても問題を解決できない事が多いです。

 

根本的にスパム目的や労力を惜しんだSEO対策をすると、このようにペナルティ対策も難しい状況に追い込まれていまい、場合によってはその後、ホームページを運営するにあたり、重大な欠陥が残り続けてしまう場合もあります。

 

当サイトで紹介しているパンダアップデートやペンギンアップデート以外にも細かいアルゴリズムは多数あるので、それぞれの特性を理解している業者にSEO対策を依頼する事が大切です。